AAAI・WSDM 2017論文読み会: 参加メモ(途中)

AAAI・WSDM 2017論文読み会に参加させていただきました。 connpass.com 以下、自分の感想が入り混じったメモ。GLOMA: Embedding Global Information in Local Matrix Approximation Models for Collaborative Filtering 出典: http://chenkehan.me/papers/g…

「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会#2: 参加メモ(途中)

水曜Stan - 「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会#2に参加させていただきました。 spml4dm.connpass.com 勉強会メモ今回は Chapter5(54〜78ページ)のもくもくでした。Chapter5 は基本的な統計モデルの紹介。 以下、大事だと思ったことのメモ。重回帰:…

「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会: 参加メモ

水曜Stan - 「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会に参加させていただきました。 spml4dm.connpass.com 勉強会メモChapter1〜3 までの予習は前提で、勉強会では Chapter4 を各自もくもくという流れでした。 読んだページ: 28〜49ページ 本には Windows …

雑記

今日勉強会で、論文を読むのに、内容を1枚のスライドにまとめて数を何十本もこなすという話を聞きました。 同じ話が以下の記事に取り上げられています。論文1本にかける時間を切っておくのもコツみたいです。 lafrenze.hatenablog.com 自分は読みたいと思っ…

雑記: Python statsmodels をつかってみるだけ

以下の記事を全面的に参考にさせていただきました。 data.gunosy.io 上の記事では電力使用量のトレンドを抽出していますが、ここでは(電力使用量とかなり似通っていますが)R の組み込みデータである UKgas(1960年から1986年までの四半期ごとのイギリスの…

確率論セミナー(2/2, 2/23): 不参加メモ

Skype数学勉強会 確率論セミナー に参加できなかったメモ 読んでいる本(現在はサブテキスト): はじめての確率論 測度から確率へ : 佐藤 坦 : 本 : Amazon 前回: 確率論セミナー(51): 不参加メモ - クッキーの日記参加できなかった回に進んだページ: 60…

雑記: X-means法

X-means アルゴリズムを実装してみます。 参考文献 使用データ やること 手順 スクリプト 参考文献 TLに以下の記事の引用ツイートが流れてきたのでやってみます。 スクリプトを全面的に参考にさせていただきました。 aaaazzzz036.hatenablog.com 使用データ …

これからの強化学習: ノート4

読んでいる本(出典): これからの強化学習 | 牧野 貴樹, 澁谷 長史, 白川 真一 |本 | 通販 | Amazonこの本読みですが、スライドにまとめようとしたら2回で挫折したのでとりあえず感想ノートの方を続けることにします。というかどこまで読んだかもよくわか…

入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド: ノート3

読んでいる本(出典): 入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド | 井手 剛 |本 | 通販 | Amazon前回: ノート2 / 次回: まだ 目次: 入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド読んだページ: 44~52ページ 以下、メモと雑談。前回までのあ…

数理論理学: ノート4

読んでいる本(出典): 数理論理学 | 戸次 大介 |本 | 通販 | Amazon前回: ノート3 / 次回: まだ 目次: 数理論理学以下、第5章後半の自分の理解。 最後の節(標準形)がまだ読めていないので、後でこの記事に加筆するか、新しい記事にまとめる。前回ま…

入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド: ノート2

読んでいる本(出典): 入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド | 井手 剛 |本 | 通販 | Amazon前回: ノート1 / 次回: ノート3 目次: 入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド読んだページ: 23~44ページ 以下、メモと雑談。前回までの…

ゼロから作るDeep Learning: 読了メモ

とてもわかりやすいという巷の評判に流されてこの本を読みました。ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装斎藤 康毅 オライリージャパン 2016-09-24売り上げランキング : 58Amazonで詳しく見る by G-Tools一貫して読み手の…

keras-rl の example コードを実行するだけ

Keras を勉強します。 keras-rl でオリジナルの強化学習タスク・オリジナルのDQNモデルを学習したという記事が本日 Qiita に投稿されていましたが(参考記事)、まず keras-rl と gym がわからないので example コードを実行することにします。 参考記事 や…

数理論理学: ノート3

読んでいる本(出典): 数理論理学 | 戸次 大介 |本 | 通販 | Amazon前回: ノート2 / 次回: ノート4 目次: 数理論理学第4章は一階命題論理の応用としての論理回路の話で、ノートは省略。 以下、第5章前半の自分の理解。第5章は一階述語論理。今回のノー…

Keras でロジスティック回帰するだけ

深層学習には Keras が便利という巷の評判に流されて Keras を勉強します。 でも冷静に考えると普段から別に深層学習などやっていなかったので、そういうのは今後やります。 参考文献 使用データ やること 手順 参考文献 以下の記事を全面的に参考にさせてい…

「これからの強化学習」勉強会#3(準備中)→ ノート3

読んでいる本(出典): これからの強化学習 | 牧野 貴樹, 澁谷 長史, 白川 真一 |本 | 通販 | Amazon前回: 勉強会#2 / 次回: まだ 目次: これからの強化学習 / Sutton & Barto 強化学習(邦訳)の目次: 強化学習「これからの強化学習」のエア勉強会3…

数理論理学: ノート2

読んでいる本(出典): 数理論理学 | 戸次 大介 |本 | 通販 | Amazon前回: ノート1 / 次回: ノート3 目次: 数理論理学以下、第3章の自分の理解。第3章は一階命題論理。一階命題論理の統語論 一階命題論理では、命題(≡ 真偽を問うことのできる形式)を…

「これからの強化学習」勉強会#2

読んでいる本(出典): これからの強化学習 | 牧野 貴樹, 澁谷 長史, 白川 真一 |本 | 通販 | Amazon前回: 勉強会#1 / 次回: まだ 目次: これからの強化学習 / Sutton & Barto 強化学習(邦訳)の目次: 強化学習「これからの強化学習」の1人勉強会#2…

ライブラリまとめ

最終更新日: 2017-01-16 統計処理の各種ライブラリについてまとめておくためのページPython ライブラリ篇 名前説明 Keras https://keras.io/ja/ 深層学習の便利ライブラリ。本体として TensorFlow か Theano が必要。 Keras でロジスティック回帰するだけ k…

論文読みまとめ

最終更新日: 2017-02-19 参考になりそうな論文をとりあえずメモしておくページ 確率的勾配降下法 深層学習(基礎) 強化学習(基礎) 強化学習(応用) 位相的データ解析(基礎) 確率的勾配降下法 表題Shun-ichi Amari. Natural Gradient Works Efficientl…

「これからの強化学習」勉強会#1

読んでいる本(出典): これからの強化学習 | 牧野 貴樹, 澁谷 長史, 白川 真一 |本 | 通販 | Amazon前回:ノート1 / 次回: 勉強会#2 目次: これからの強化学習 / Sutton & Barto 強化学習(邦訳)の目次: 強化学習「これからの強化学習」の1人勉強会…

確率論セミナー(51): 不参加メモ

Skype数学勉強会 確率論セミナー に参加できなかったメモ 読んでいる本(現在はサブテキスト): はじめての確率論 測度から確率へ : 佐藤 坦 : 本 : Amazon参加できなかった12月22日分で発表予定だった内容のノートです。 テキスト上「明らか」の部分を補っ…

数理論理学: ノート1

この本を読みます。数理論理学戸次 大介 東京大学出版会 2012-03売り上げランキング : 498190Amazonで詳しく見る by G-Tools次回: ノート2 目次: 数理論理学以下、第2章の自分の理解(第1章は予備知識なので省略)。 我々は数学の証明問題を解くことができ…

雑記: 穴を数える手続き

あなたは以下の図形 にいくつ穴があるか求めるようお客様に要求されたとします。 灰色の部分は面で埋まっているとします。 あなたはこう答えたいです。 だっても何も、図形 の穴は がなす三角形の1個だからです。 しかし、これではお客様へ要件定義の説明責…

Topological Data Analysis って何

Topological Data Analysis (TDA;位相的データ解析)というのがあると思います。でも何だかよくわかりません。 ドーナツの穴といわれても腑に落ちません。しかしトポロジーとかホモロジーとかホモトピーといわれてもわかりません。 関手などの近代数学の応…

雑記: XLConnect の読み込みで数式が NA になる場合

XLConnect でエクセルから R にデータを読み込みたいのに意図通りにいかないときとかあると思います。 今回、読み込み対象のセルが数式になっていて、読み込み結果が目的の数値ではなく NA になってしまいました。 読み込み対象が数式セルであっても大抵は数…

これからの強化学習: ノート1

強化学習の新しい本が出たらしいので読みます。これからの強化学習牧野 貴樹 澁谷 長史 白川 真一 浅田 稔 麻生 英樹 荒井 幸代 飯間 等 伊藤 真 大倉 和博 黒江 康明 杉本 徳和 坪井 祐太 銅谷 賢治 前田 新一 松井 藤五郎 南 泰浩 宮崎 和光 目黒 豊美 森…

雑記: 読書メモ

数学ガールのシリーズ3作目に「数学ガール/ゲーデルの不完全性定理」がある。 帯の「数学って、不完全だったの?」というコピーがいい。数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)結城 浩 SBクリエイティブ 2009-10-27売り上げランキング : …

確率論のダイジェスト

「確率論って何?」と訊かれるときとかあると思います。ないけど。そんなときのためにダイジェスト版にしました。 相手のセリフは固定(グレー四角部分)なので協力を仰いでください。 なお、セミナー進度の都合上、以下の本の最初3分の1くらいの内容です。…

雑記: R パッケージのデタッチ

R で library() してしまったけど、やっぱりはがしたいときとかあると思います。 自宅 Windows 上の R 3.1.2では以下でできました。ありがとうございます。 How to unload a package without restarting R? - Stack Overflow > library(ggplot2) > ggplot(ir…